商品のご案内

北越のこだわり 国産もち米100%

商品は全て「国産米」を使用

「おかき」「かきもち」と「せんべい」の違い

お米には「もち米」と「うるち米(ご飯として食べているお米)」の2種類があります。
おかき・かきもちは「もち米」を原材料としてつくられています。せんべいは「うるち米」を
原材料としてつくられています。

当社は、「もち米」を原料とする「おかき」「かきもち」の専門メーカーです。
「おかき」「かきもち」はもち米からまず餅をつくり、それをこんがり焼き上げ、味付けしたもので、
独特な生地の甘さと香り、歯ごたえをご賞味ください。

おかき・かきもち・あられの歴史

◇古墳時代◇
中国の江南地方から日本へ渡来したもち米は、蒸して手の掌で固くつぶし、その円型にした二枚の間に果物や肉をはさんで食べた。これを携飯(モチイヒ)と言って祭事などに使用された。

◇奈良時代◇
正倉院文書によると、大豆餅、小豆餅、胡麻餅など、貴族階級のお菓子として広がった。

◇平安時代◇
中期の頃より、天皇が正月鏡餅を神殿に供え拝んだあと、その餅を食べる「歯固めの儀式」が始まった。鏡開き、雑煮なども宮中で取り入れられ、やがて公家にも広がりだした。

◇室町・桃山時代◇
武家階級の進出により、餅は戦いの武運長久に供え餅として盛んに使われた。また茶道「点心」が急に発展し、きび餅、栃餅、くず餅、わらび餅などが使われ、一般大衆も好物として食べるようになった。正月や婚礼の目出度い品としても使われた。

◇江戸時代◇
この頃には、餅は世間一般のものとなり、新年祝い、出産、建築、法事に使われた。四代将軍・家綱の頃から、餅を度外視しては正月を語れないものとして、武家や商家、農民も雑煮を食し、鏡餅も新年儀式に造り供えるようになった。
 新年のお祝いに神棚に供えた鏡餅を割って食べると、新しい年の健康と幸福が与えられると伝えられ、毎年正月始めには鏡開きが行われるようになった。鏡餅のひび割れ目に沿って木槌で割ることを芽出度く開くと言い、縁起を重んじた風習となった。このとき形の大きいものは焼いて食べるが、中形のものは欠餅と言い、小粒のものはあられと言った。特に小粒のものは煎って食べると独特の香味があった。
 これがお菓子として駄菓子屋に並んだのが、あられ、かき餅の始まりで明治の後期であり、また日本中の家庭で、大寒の旧正月にかき餅を造るようになったのが明治の末期である。

 このようにして生まれた、、かき餅は、日本古来の食文化の粋であり、栄養面にも優れ、日本人に愛される誇り高い伝統菓子として親しまれてきました。私共はこの伝統に育まれたおかき造りを天与の業として、よき技をさらに磨き、いつまでも後世に伝えるべく精進いたします。
ページトップへ